寒い季節になりました。

LINEで送る

_0019501
R0011660
_0019497
_0019500
_0019494

 

急に北風が吹き荒れてます。
朝はすっきりいい天気だったのに昼間部生の授業が終わる頃は、冷たい風が吹いていて帰るのも大変そう。。。
カフェの看板も寒そう。
近所のコスモスも寒そう。
モチーフの石膏像は苦しそう。

少し前の写真も無理矢理載せましたが...

みなさん風邪ひかないように気をつけて下さいね!

今日の高美

LINEで送る

09271
092702

秋ですね。

今日は高美前の三角公園の木が剪定されて、すっきり綺麗になりました。
真夏の暑さを我慢してきたウサギのコンテも、最近機嫌良さげです。

さて、センター試験の願書の受付もはじまり、気持ちも引き締まる頃。
授業風景も、さらにきりっとして見えました。

学院生の皆さん、この時期は朝夕の気温差が激しいので、体調管理にも十分気をつけてくださいね。

 

紙風船と風

LINEで送る

工芸科の立体構成。課題は『紙風船と風』

ステンレス直定規をヘラのように使い、なめらかな曲線を表現していました。
定規は曲面や直面をつくり出すのに、欠かすことの出来ない道具だそうです。

素人考えですが、
ずっしりした水粘土から、紙風船の軽い質感を出すのは難しそうですね…

生徒曰く、紙風船の中身は、軽さを出すためにだいぶ粘土をくり抜いているようです。

水粘土に立ち向かう手がとても冷たそうでしたが、
それをものともしない生徒の集中力はすごい!!

仕上がった作品は、講評会後に壊してしまうそうですが、
高美で制作した作品はどれも、未来の自分への大切な道しるべですね。

失敗からの成功

LINEで送る

「油絵科M講師のとある一文より…『油画の生徒は守りに入りすぎている気がする。もっと色々な道具、使っていない技法や材料に興味をもってほしい、失敗をもっとすべきである。

デッサンは基礎であって、キャンバズに向かう際にもデッサン力は最低限必要だが技法や材料にはまったくきまりがない。

画材屋にいった時のワクワク感がないのだろうか…。
自分のいつも使っている画材だけを支配されているのだろうか…。

一枚一枚なんとなく義務のように完成させる、そんなやり方は一番怖いと思う。

失敗と成功の触れ幅が大きいほど成功時のクオリティというものが上がってくるのだと思う。

失敗する勇気を持ってほしい』」

油画科に限らず合格してからも大事なことだと思いました。工芸科2浪生

描画材