デッサン週間

LINEで送る

秋らしい過ごしやすい日が続いていますが、
高崎の朝晩の冷え込みは既に冬を感じます。
季節の変わり目。
今が最も風邪をひきやすい時期です。受験生のみんなは特に気をつけましょうね。

さて、今週の彫刻科は石膏デッサン週間でした。
こんなに石膏づけになったのも久しぶりですね。
昼間部では塑像強化の成果もあり、確実な実力アップを感じます。


こちらは今年から彫刻科に転科した2浪のT中さん。
何故始めから彫刻科にしなかったのかと思うほど魅力的な仕事ができていますね。
これからはカタチを追うことと、形態を説明することのバランスが大事になってきます。


つづいて1浪のK林さん、最近はデッサンが破綻しなくなってすっかり頼もしくなりました。
体のカッティングラインに疑問が残りますが、見やすさと首周りの充実度が好印象です。


最後は1浪のH木さん。ブルータスのなかでも難しい位置で印象を合わせてくるあたりは流石ですね。
欲を言えば、少し構図を縮めて台座を入れた方が見やすかったでしょう。
今日がK林さんの誕生日だったこともあり、約4時間しか描けなかったのが残念です。

タカビは科を超えて生徒間の仲が良く、アットホーム環境だとよく言われます。
某大手予備校の若手講師がタカビのことを「最後の楽園」と呼んだほどです。
しかし、制作時間が犠牲になってしまう付き合いは、健全な付き合いとは言えませんね。
アットホームな空間でも個々がしっかりセルフプロデュースすることが大事だと思います。

明日は彫刻科は皆でお出かけですか。。
迷子にならないように気をつけましょうね。

あ、あと防寒も忘れずに!

「デッサン週間」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。